コラム

2015年11月6日 07:59

コミュニケーション

注意される

今日の言葉 #2817

「注意されたことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

「それはやっちゃダメ」とか

「そのやり方は違う」とか

周りから注意をされたことはありますか?

逆に注意をしたことはありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

つい一昨日の話なのですが、5歳の息子と2人で
電車に乗る機会がありました。

朝の通勤時間帯だったので、車内は少し混んでいまして、
ドアの近くに立っておりました。

この季節、初めて着るのジャンパーのポケットに手を入れて
立っていたところ、

「ねえねえ・・・」

と息子が言い出しまして、

どうしたのか聞いたところ、

「ポケットに手を入れちゃいけないって、先生が言ってたよ。」

とのこと。

わざわざ「先生が言っていた」という言葉を付け足して、
さらに言うときにちょっと伏し目がちだったのは、

もしかしたら私に言いづらかったのかもしれないですね。

そういえば私も子どもの頃に先生から何度も言われた
ことがあります。

「ポケットから手を出しなさい」と。

確かに転んだりすると危険ですし、若い人だと
ツッパッているようで見た目もよろしくない感があります。

それを大人になってから言われたのは初めてですし、
まさか息子から言われるとは思っていませんでした(汗)。

彼から

「ポケットに手を入れちゃいけないって、先生が言ってたよ。」

と言われて、最初にアタマに浮かんだ言葉が、

オトナの必殺技「大人はいいの」でした(<おい!)。

・・・幾度、この必殺技のお世話になったことか(<おいおい!)。

さすがに今回はグッとこらえまして。

「そうだよな。ごめんな」

と言って、ポケットから手を出しました。

彼のお姉ちゃんである、うちの娘もそうでしたが、
小さな頃は、相手が誰であろうとも、

「自分が正しい、相手が悪い」

と思えば、それをズバッと指摘をしていました。

ある時、街なかで知らないおじさんに

「歩きながらタバコを吸っちゃいけないんだよ」

と言い出した時にはさすがに焦りましたが(笑)。

それが、だんだんと相手を見るようになって、

「言ってもいい人」「言ってはいけない人」

の区別をつけるようになるわけです。

そういえば娘から注意されることが減ったよなぁ・・・

なんて、少しさびしく思いました^^。

親子だけではなく、周りの人間関係でも、歳を重ねていくと

「注意されること」

というのはどんどんと減っていきますよね。

歳を重ねて、注意されなくても大丈夫になった、
ということもあるかもしれませんが、

「大人はいいの」「年上に向かって」「上司だから」・・・

と、いろんな必殺技を使いすぎて
周りが何も言ってくれなくなっている

・・・そんなことはないでしょうか。

健康や友人など、歳を重ねる毎に貴重になることは
いろいろありますが、

「注意」とか「苦言」とか、

そういったものも、ますます貴重になるものの一つですね。

最近、誰かから注意されたことはありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「注意されたことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?