コラム

2015年11月1日 07:50

感情・心意気

できなくなること

今日の言葉 #2812

「できなくなったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

今までだったら簡単に、あるいは頑張ればできていたはずなのに、

ある時から「できなくなる」ことってありますよね。

これまでどんな「できなくなる」ことがありましたか?

できなくなることがあると、
どんな気持ちになるでしょうか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

人前で話をしていたり、文章を書いていたりすると、
ときどき「初めて使う言葉」が出てくることがあります。

意図してその言葉を使うこともあれば、

意図せずにアタマからポロッと出てくることもあって、

「なんでこの言葉が出てきたんだろう?」

なんて自分で不思議に感じることもあります。

先日、日記をつけていたときに、

「自分も焼きが回ったのかもしれない」

と書いている自分に気がつきまして・・・

「焼きが回る」なんて、言ったこともないし
それまで書いたこともないし、

私にとって初めて使う言葉でした。

聞いたことはあります。

アクション映画などで、主人公がやられそうになっているとき、
それまでのライバルが救いの手を差し伸べて、

「どうやら俺も焼きが回っちまったな・・・」

なんて言うセリフ、聞いたことありませんか?

(古いかな・・・)

「それまでできたことが、できなくなるとか」、
「能力が劣ってしまう」というような意味で使われます。

でも、そもそもなぜ「焼きが回る」というのだろう?

と思って調べてみたところ、

刃物の切れ味を良くするために、「焼き入れ」をして
鍛錬することがあります。

しかし、焼きすぎるとむしろ刃がもろくなって、
切れ味も落ちてしまうことがあるそうです。

その焼きすぎの状態を「焼きが回る」と言うとのこと。

これをお読みのみなさんは、「焼きが回った」経験は
ないでしょうか?

人は年齢や経験を重ねていくと、
できることが増えていく一方であればいいのですが、

現実には、

「できないことが増えていく」

ということもありますよね。

体力が衰えていくということもありますが、

熟達していく中で、昔は積極的に取り組めていたのに、
だんだんと気力が抜けていってしまったり、

以前は、涙を流すぐらい感動できたことに、
何も感じられなくなったり、

昔は簡単にできていたことが、いつの間にか
できなくなっていたり・・・

できないことが増えることは、たとえそれが生活に
大きな支障を及ぼさないとしても、一抹のさびしさがあります。

そのさびしい気持ちと、折り合いをつけていくのが
「年を重ねる」ということなのだな。

・・・そんなことを感じた秋の週末でした。

これをお読みのあなたは、

「できなくなったこと」

はありますか。

ココロの中で、どうやって折り合いをつけていますでしょうか。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「できなくなったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。