コラム

2015年10月31日 08:05

天才の思考法

考えすぎたこと

今日の言葉 #2811

「考えすぎてわからなくなったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

最初は、それほど大きな問題では無いと思ったのに、

アレコレ考えていると、考えすぎてどんどんわからなく
なってきた経験はありませんか。

なぜ考えすぎるとわからなくなるのでしょう。

そんな時は、どうすれば答えは見つかりますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、友人の家に遊びに行ったときのこと、
小学校5年生のお嬢さんがいまして、

彼女に

「ワンコインの反対って、なーんだ?」

と問題を出されました。

うちの子もそうですけど、子どもって
「なぞなぞ」が好きですよね。

その時、私は軽くお酒も入っていたので、
ちょっとアタマが回っていない状態でしたが、

それでも真剣に考えまして・・・

ワンコインって、そもそも何だ?と。

500円玉でランチが食べられるとか、

100円でジュースが買えるとか、

「1つの小銭でことが足りる」という
意味だよな・・・とかいろいろ考えたのですが、

「その反対」と言われると一体何だろうな?と。

いろいろ考えたのですが、わかりません。

あれこれと考えた挙げ句に

「ワンコインの反対だからンイコンワでしょ。」

と言ったら、

腕でバッテンマークを作って「ブー!」と
思いっきり言われました。

そこまで力強く不正解を告げなくても・・・

一緒にいた、別の小学校4年生の女の子が、

「にゃんこアウト?」

と言ったところ、

頭の上に腕で○を作って「ピンポン!」が出ました。

・・・なんというか、脱力しました^^。

まあ、なぞなぞですからね。

それにしても、よく正解がわかったなと思いまして、

正解した子に「知ってたの?」と聞いたところ、
初めて聞いたとのこと。

「でも、ワンコインの反対は、にゃんこアウトでしょ?」

と、むしろなんでこの人は、わからなかったのだろう?という
ような顔で言われ、大人の面目が無かったですな(涙)。

最近、インターネットで、

「子どもなら30秒で解けるけど、
大人は1時間かかっても解けない。」

というような問題をよく見かけます。

きっと大人になると、いろんな余計なことをアレコレと
考えてしまうから、正解から遠ざかるのでしょう。

難しく考えることが大切なこともありますが、
日常の多くのことは、シンプルに考えれば
事足りるのではないでしょうか。

いろいろ考えすぎて困って、どうしたらいいのか
わからなくなることもあるかもしれません。

そんな時は、思い切って子どもに相談してみると、

「そうだったのか!」

と気づかせてくれたり、

「当たり前だけど見えなくなっていたこと」

という本質が浮かび上がってくることがあります。

今日は週末ということで、お子さんやお孫さんと
過ごす方も多いでしょう。

よかったら子どもに相談してみませんか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「考えすぎてわからなくなったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。