コラム

2015年10月16日 08:17

コミュニケーション

息が合う人、合わない人

今日の言葉 #2796

「息が合う人、合わない人はいますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

仕事や生活などで、リズム感が合う人を

「あの人とは息が合う」

なんて言うことがあります。

息が合う人はいますか?

息が合わない人はいますか?

息が合う人と、合わない人の違いは
どんなところにあるのでしょう?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

中学生だった頃のことです。

文化祭の出し物として、クラスで劇をすることになりました。

自分たちの劇のストーリーは忘れてしまいましたが、

ストーリー自体も自分たちで作ったオリジナルのもの
だったと思います。

私自身の反省もあるのですが、
この劇の練習で、ひと悶着も、ふた悶着もありまして・・・

クラスの女子が積極的に段取りを整えて、
練習をしようとするのですが、

男子がなかなか乗ってこないわけです。

練習の時間をとっても、イヤイヤの参加だったり、
放課後だったらサボったり、

文化祭の劇は、クラス全員出席が決められていたので
ボイコットするわけにはいかなかったのですが、

「仕方ないからやるか・・・」

という感がありありと出ていましたね。

言い訳ですが、思春期独特の気恥ずかしさみたいなものも
あったのでしょうね。

自分だけ本気を出すと、他の男子からバカにされるのではないか
というような空気もありました。

「せっかくだから良い劇に仕上げたい!」

という女子と、

「とにかく早く終わらせたい・・・」

という男子の間で、深い溝が生まれていました。

文化祭の開催もせまったある日のホームルームの時間ですが、

非協力的な男子たちのせいで話し合いが一向に進まない
時がありました。

普段、あまり私たちのやることに口をはさまず、
見ているだけだった担任の先生が教室を出て行きまして、

数分で教室に戻ってきました。

先生の手には、なぜかバレーボールがありましたね。

そして「外に出なさい」と言われました。

何をやらされるのかと思ったら、

「今からバレーボールをやるぞ!」と。

他のクラスは、文化祭の練習に励んでいる中で、
うちのクラスだけ、バレーボールが始まりました。

正直なところ、私は劇の練習をするより
嬉しかったですね。

先生は男性だったので、男子の味方をしてくれたのかと
思いました(笑)。

一方、女子はイヤイヤでした。

劇の練習とは、真反対の状況が生まれていました。

しかしながら女子の偉いところは、
イヤでも、きちんと参加するところであります。

男女混合のチームが4つ作られまして、
試合が行なわれました。

最初はぎこちなかったのですが、
そのうち息が合うようになってきまして、

うまくパスが回るようになったり、

こぼした球を、お互いでフォローしあったり、

・・・とても楽しい時間になりました。

2試合ほど終えたところで先生が、

「戻るぞ!」

と言いまして、教室に戻りました。

そして、文化祭の劇の話に戻ったのですが、

そこからは男子も驚くほどに協力的になりまして、
トントン拍子で話が進みました。

あれほど男子が嫌がっていた放課後の練習も
積極的に行なわれるようになり、

おかげで劇も素晴らしいものに仕上がりました。

今となっては、思い出に残る楽しい時間でしたね。

担任の先生は、生徒のやることにあまり口を出さない人で

「みんな真面目にやりましょう」とか

「男子はキチンと協力しなさい」とか

そんなことは、一言も言いませんでした。

ただ一度、みんなでバレーボールという「息を合わせる場」
を用意するだけで、クラスの空気を変えてしまいましたね・・・

当時は、あまり意識しませんでしたが、
今振返ってみると、スゴイコトだなと思います。

何か一つのことを成し遂げるために、
誰かと協力して取組むことってありますよね。

トントン拍子で上手くいくこともあれば、

お互いの熱意がズレていたり、リズム感が合わなくて
なかなか前に進まないこともあります。

いわゆる「息が合う」「息が合わない」状態です。

「あの人とは、息が合わないな・・・」
というシチュエーションがあったら、

息を合わせてみる呼吸法があります。

◆合わせる呼吸
http://www.mybreath.jp/687

お互いの息づかいを合わせることで、

1+1のチカラが、3になったり、10になったり
することがありますよね。

よかったら試してみてください。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「息が合う人、合わない人はいますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?