コラム

2015年9月25日 08:04

コミュニケーション

言葉がうつる

今日の言葉 #2775

「言葉がうつったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

その人特有のしゃべり方だったり、方言だったり、

言葉が周りの人にうつることってありますよね。

これまで、周りの人の言葉がうつったことはありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

学生時代、京都の学校に通っていまして、
近くには観光地も多く、外国人もよく見かけました。

そんな環境だったからか、まことしやかに耳にしたのが

「英語がうまくなりたければ、外国人をナンパしなさい」

ということでした。

英語を母国語とする人と必死にコミュニケーションをすれば、
おのずと英語も上達するだろう・・・と。

なるほどな、と思いましたが、残念ながら当時の自分には
それを実践する度胸も英語力もなかったですね。

外国人どころか、日本人に声をかける勇気さえなかったですから(涙)。

その点、海外の男性は積極的だなと思うのですが、

知り合いの外国人男性で、日本人女性と同棲したり結婚したりして
日本語をマスターした友人がいます。

そして、全員がそうというわけではないのですが、
そのうち何人かの日本語は、女性のしゃべり方になっています。

「・・・じゃないわよ。」とか

「ちょっと、やめてーもー。」とか

・・・いわゆる「オネエ語」になっているわけです。

彫りの深い濃い顔で、ごついカラダで、おっさんの声で
聞えてくるのは女性言葉というのは、なんとも不思議な感覚です。

まあ、日本語のお手本が女性なら、それは仕方ないことですな。

しかも彼らが真顔でオネエ語を喋ると、周りもウケるので、
ますます拍車がかかったりするわけです。

本人たちもそれは十分にわかっているようで、

めんどくさいのでオネエ語のままで通している人もいれば、

男性言葉も使えるのに、わざとオネエ語を使ってウケを狙う人もいます。

こういったことって、外国語の習得だけでなく
日本語同士でもよくある話でして、

一緒にいる時間が長い人だと、お互いに言葉がうつってしまうことが
ありますよね。

私の友人で、喋り言葉が変わって、浮気未遂が奥さんにバレたという
なんともまあな男もいますが(笑)、それはさておき。

良き言葉を喋っている人が周りに多いと、
自分も自ずと良き言葉を話すようになるでしょうし、

ネガティブな言葉や悪口ばかり言っている人が多いと、
気付かぬうちに自分もそうなっている場合もあるでしょう。

身近な人間関係だけではなく、読んでいる本やネットのサイト、
一昔前でしたらテレビやラジオの影響力もあるかも知れないですね。

言葉には、ものすごい「感染力」があります。

母国語という言葉がありますが、母から子にうつるのは
その最たるものであります。

これをお読みのあなたは、どんな言葉がうつったことがありますか?

周りの人に、どんな言葉をうつしていますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「言葉がうつったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?