コラム

2015年9月22日 08:06

注意を促す

若さを保つ

今日の言葉 #2772

「若さを保つコツはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

適度な運動や、食事に気を使うことだったり、
化粧品や美容マシンを使ってみたり、

世の中には「若さを保つコツ」がいろいろありますね。

普段の生活の中で意識していることはありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

昨日、クルマで移動中にFMラジオを聞いていたのですが、

「人は、何歳から老人になるのか?」

という話が流れていて、何気なく聞いておりました。

そういえば昨日は、敬老の日でしたね。

確かに、祝う方からすれば「何歳から・・・」というのは、
気を使うところであります。

年齢が相応の人でも、見た目が若い人が多いですからね。

一律に「何歳になったら」というのは、今の世の中では
だんだん通用しなくなっている感があります。

以前、ある講座の懇親会にて

「老いとは何か?」

という話題で盛り上がったことがあります。

その時の話は、今でもよく思い出すのですが、
化粧品会社で働いているある女性がこんな話をしていました。

「話の長さと老いは比例する。」

その女性も、年齢は相応ですが、見た目はものすごい若い方だったので、
若さの秘訣は何ですか?と聞かれての答えでした。

いわく、人は老化するたびに自分の話が長くなって、
人の話を聞かなくなる、とのこと。

1つのことを話すのにも、まるで自分に無限の時間を与えられたかのように、
ダラダラと話し続けるのは、老化以外の何者でもない!

と、バッサリでした(笑)。

確かにその女性は、見た目が若いだけでなく、話し方も要を得ていて、
簡潔で気持ちのいい話ぶりの人でしたね。

よくよく聞いていると、自分ばかり話しているのではなく、
周りに話題を振ることも得意な人でした。

今、これを書いていてふと思ったのですが、
この女性の話した内容は、ホントよく覚えています。

話の長い人だと「あの人は、やたら話が長い」ぐらいしか
アタマに残りませんが(笑)、

簡潔に話す人だと、その内容がよくアタマに残りますね。

その女性は、こんなことも言っていました・・・

老化とは、視野が狭くなって周りが見えなくなることです。

周りが見えなくなるから、自分の話が長くなったり、
奇抜なファッションをするようになったりするのです。

少しでも「自分はどう見られているのか?」と意識するだけで
若さを保つことができますよ。

・・・なるほどなと。

年齢よりずいぶん若い人に言われると
ものすごい説得力がありましたね。

そして「自分は大丈夫かな」なんて我が身を振返ったり(汗)。

これをお読みのあなたにとって、
「若さを保つコツ」はありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「若さを保つコツはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?