コラム

2015年8月5日 06:30

天才の思考法

投資先の選び方

今日の言葉 #2724

「どこに投資をしていますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

自分への投資、教育費など家族への投資、あるいは
銀行預金、株、不動産、投資信託・・・

世の中にはいろんな投資があります。

これまで、どこに投資をしてきましたか。

どうやって投資先を選んでいますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

十数年前になりますが、事業に失敗して借金を抱えたことがあります。

その後、フリーターをやったり個人事業主をやったりして
毎月コツコツと返済して数年でプラスマイナスゼロになりました。

借金がゼロになったのですが、毎月の返済分はそれまで通り
銀行の口座に預けておりました。

少しずつ増えていく残高を見て、

「これはどうしたものかな・・・」

と考えるようになりまして。

それまで、とにかく抱えた借金を返すことでアタマがいっぱいで
余った資金をどう運用しようか・・・なんて考えたことがなかったので。

そこで、専門家のアドバイスを頂きながら
ファンドや投資信託を始めてみたり、いろいろ試してみました。

「投資デビュー」であります^^。

どこに投資しようかを選ぶ中で、感じたのが

「投資と選挙は似ているな」ということでした。

どういうことかというと、

たとえば国会議員の選挙などで、誰に投票するのか、
選ぶ基準は2つありますよね。

1つめは、あからさまに自分に利益が得られそうなケースです。

この人が当選したら、地元に橋ができるとか、
自分の会社や団体にメリットがあるとか、
年金がたくさんもらえそうとか・・・

もう1つは、自分に直接的な利益はないけれど、社会がよくなることで
間接的に、自分にも良いことがあるかもしれないケースです。

あるいは、自分は痛みを伴うかもしれないけれど、
もしかしたら子どもの世代では、もっと良くなったり、
少なくてもツケを残さなくても済みそうとか・・・

投資先を選ぶのも、これによく似ているなと。

いわゆる「リターン」と呼ばれる収益だけを期待するのか、

それとも「この会社がもっと成長すれば、社会はもっと良くなる」
というところに投資をするのか、

「投資と選挙は似ている」ということに気付いてから、
投資先の事業に興味を持つようになりましたね。

自分の投じたお金が、一体何に使われるのだろうか?と。

例えば私の場合ですと、どれだけ期待できる収益が高かったとしても、
ファンドの運用先にタバコ会社が含まれる場合は、買いません。

呼吸法を伝えていることもありまして、自分の投じたお金で、
喫煙者が増えるのはよくないと考えているからです。

一方で、森林の再生や保全に関わる事業をしているところがあれば、
積極的に購入しています。

森林を通じてよき空気を作りだしてくれるのは、ありがたいことですから。

投資というのは、自分の収益のためだけなく
「社会に対する一票」なんだなと考えています。

投資は、お金の投資もありますが、
時間や労力、そして人に対する投資もあります。

これをご覧のあなたは、どうやって投資先を選んでいますか。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「どこに投資をしていますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。