コラム

2015年7月2日 09:11

コミュニケーション

人に任せること

今日の言葉 #2690

「人に任せたことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

子どもにもできる小さなお手伝いから、

自分にはできないような技術や経験のいる仕事だったり、

あるいは逆に、
他の誰よりも自分が得意だと自負している仕事だったり、

これまで、どんなことを人に任せたことがありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

ときおり、ふとアタマに浮かぶ言葉の1つに

「自分でやった方が早い」

というものがあります。

誰かに任せてやってもらうには、

説明して、納得してもらって、
やってもらって、確認して・・・

という作業が必要になるわけです。

それなら自分でやっちゃった方が早いかなと。

しばらく個人事業主だったこともあって、

チームで動くよりも、自分1人で動く方が
気楽でいいやと思ってしまうのでしょうね。

もうすぐ10年になりますが、会社を作ってからは

「できるだけ人に任せて、自分の得意分野に専念したい」

という想いと

「自分でやった方が早い」

という想いの葛藤がずっと続いています。

ほぼ10年、講師業をやっておりますが、
最初はほぼ全て自分でやっていました。

2年経って、講座のアフターフォローを受講生OBに任せるようになり、

5年経って、事務全般をスタッフに任せるようになり、

8年経って、自分以外の講師を育てるようになりました。

そして今、10年経ってようやく講座のカリキュラム作りを
人に任せようかなと考えております。

今まで講師は人に任せても、カリキュラムなどのいわゆる「コンテンツ」
を作るのは自分の仕事だと思っていました。

先週、ちょっとした出来事がいろいろありまして、
もしかしたら、これを手放せないのは自分のエゴじゃないかな?
と思うようになりまして、

手放すか、手放すまいか、この1週間もんもんと悩みまして、

「まず、やってみよう!」

という結論にようやく至りました。

呼吸法クラスのカリキュラム作りチームを
これから作っていきたいと考えております。

果たしてうまくいくのかどうか分かりませんが、
まずやるべきことの第一歩として、
ここで宣言をしておこうと思いました(笑)。

みなさんに宣言をしておけば、退路を断てますし(汗)、

ひとつのスタート地点としてマイルストーンを立てておくことで
「あの時が始まりだった」と振り返りもしやすくなるかなと。

というわけで、関係者には今日中にキックオフのメールを
送りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

人に任せるというのは、なかなか難しいコトってありますよね。

特に自分の得意分野だったり、自分の存在意義に関わることだと
自分の中の「抵抗勢力」に屈しそうになります。

これまで、どんなことを人に任せたことがありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「人に任せたことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。