コラム

2015年5月21日 08:44

天才への第一歩

コツを知ること

今日の言葉 #2648

「最近知ったコツはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

モノゴトの勘所や要領のことを「コツ」と言ったりしますよね。

人間のカラダの中心にあって、全体を支えている骨(コツ)が
語源だそうです。

最近、どんな「コツ」を知りましたか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

1ヶ月ほど前なのですが、ホームセンターのレジ横に

「けん玉」

が売っていまして、レジに並んでいるときに何となく
手にとって買ってしまいました。

多くの人がご存じだと思いますが、けん玉とは十字になった
剣(けん)と穴の空いた玉がヒモでつながっているおもちゃです。

今まで何度かやったことはあるのですが、お金を出して
自分で買うのは初めての経験でしたね。

実は、2年前に「けん玉」のコツを教えてもらう機会がありました。

コツを教わるまでは、何度かやってカップの部分に玉を乗せることは
できたのですが、穴の所に刺すことは全くできませんでした。

穴に刺すのは、きっと達人じゃないとできないのだろうな・・・と。

しかしコツを教わった今は、3回チャレンジすれば
1回は穴に刺すことができるようになりました。

そのために何度も特訓を積んだわけではありません(笑)。

やり方はとってもカンタンでして、
ポイントは3つあります。

まず剣(けん)の部分は、棒が真上になるように垂直に持ちます。

斜めにならないように気を付けましょう。

そして玉をぶら下げている状態の時に、玉を回転させます。

水平方向になでてやると加速がついて玉が回り始めます。

息は止めないで、ゆっくりと吐いていきましょう。

この状態でヒョイッとやると、かなりの確率で玉の穴に
棒が刺さるようになります。

・・・手元にけん玉があれば、ぜひやってみてください。

買ってきたけん玉は、うちの東京の教室に置いていまして、
仕事の合間に息抜きでヒョイっとやっております(<仕事しなさいって!)。

この歳になってけん玉にはまるとは思っていなかったですが、
コツを知ると楽しいものでして、何度も繰り返してしまいますね。

今まで自分にはできなくて、

・センスや技術がある人だからできる

・何度も練習を積み重ねた人だからできる

と思っていたことが、ちょっとしたコツを知ることで
できるようになると嬉しいことってありませんか。

例えば、手品だったり、絵を描くことだったり、楽器だったり
料理や工作、スポーツなどのプライベートなことから、

パソコンのスキル、コミュニケーション、組織作り、経営などの
ビジネスのことだったり、

世の中には、いろんな「コツ」や「勘所」があって、

それを知ることで、できた喜びを感じたり、
物事を前に進めたりすることができることってありますよね。

人生の中で、いろんな喜びのカタチがありますが、

コツを知ったり、それを誰かに教えてあげるのも、
人生の喜びの1つなのかな・・・なんて思ったりもします。

最近、どんなコツを知りましたか?

それを誰かに教えてあげましたか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「最近知ったコツはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?