コラム

2015年5月10日 09:20

やる気アップ

めんどくさいと思う

今日の言葉 #2637

「めんどくさいと思ったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

自分にできないことではないのだけれど、

億劫だったり、それをやるのに時間をとりたくないなと
思うコトってありますよね。

どんな時に「めんどくさい」と思いますか?

どうやってその気持ちを乗り越えていますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、友人と話をしていたときに、

「休日に予定があると、憂鬱(ゆううつ)になる。」

という話になりまして、

たとえば、友達と遊びに行くとか、運動することとか、
飲み会だったり、部屋の片付けだったり、

別に、何かの義務でも、誰かから強制されたわけでもなく、
自発的に入れた予定なのに、

当日の朝になると、

「やっぱり、今日は家でのんびりしていたいなぁ・・・」

なんて思ってしまうとのこと。

彼の話を聞いていて、ああそれわかるなぁと思いまして、

こんなことを言うのもなんですが、

私も割と「めんどくさがり屋」でして・・・

ああ、めんどくさいなとか、
億劫だな、と思うことがたびたびあります。

何か「新しいことを始めよう!」とか、

「今度、アレをやってみよう!」とか、

それをするのを決めるときは楽しいのです。

でも、いざそれをやる段になると、

「ああ、めんどくさいな」とか、

「なんでこんなことをやろうと思っちゃったのかな俺」とか、

・・・そんな気持ちがココロを覆ったりするわけです。

実際やり始めると、それなりに楽しかったり、
思いっきりはしゃいでいたりして、

終わった後は「やってよかったなぁ」なんて
しみじみ感じているわけですが、

自分でやると決めたはずなのに、いざ直前になると

「やっぱりめんどくさいなぁ・・・やめたいなぁ・・・」

と感じてしまう、あの気持ちは一体何なのでしょうね?

(そんな経験はありませんか?)

最近、よく考えるのが

「やる直前のめんどくささと、
終わった後の気持ち良さや達成感は比例する。」

ということです。

直前に「めんどくさいな」と思ったことほど、
終わった後の「ココロのすっきり感」があるなと。

実際、めんどくさいなと思うことって、

やり始める前までは、ココロが重いですが、
いざ手をつけ始めてしまうと、たいして辛くなかったり、
むしろ楽しいことが多いのではないでしょうか?

そして終われば、ココロがスッキリしているわけです。

なので、

「めんどくさい時ほど、ゴールをイメージする。」

ということをしています。

ココロのスッキリ感を先取りして、気持ちを軽くしてから
「よし始めようか!」とコトに臨むわけです。

そうすると重かったお尻も、ずいぶん軽くなります。

今日は日曜日ということで、

もしかしたら今まさに

「めんどくさいな」とか、

「なんでこんな予定入れたのかな、私」なんて
思っている方もいるかもしれません。

「めんどくさい時ほど、ゴールをイメージする。」

よかったら、試してみてください。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「めんどくさいと思ったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。