コラム

2015年4月2日 08:48

天才への第一歩

アタマを使うとき

今日の言葉 #2599

「どんな時にアタマをよく使いますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

普段と違うことをするとき、

ピンチに陥ったとき、

大切な人が目の前にいるとき

・・・etc

アタマの回転が早くなったり、
早くなりすぎてオーバーヒートしそうになってクラクラしたり、

そんな経験はないでしょうか。

どんな時にアタマがフル回転しますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

昨日は4月1日、エイプリルフールでしたね。

これをご覧のみなさんの中で、わざわざこの日のために
ウソをついた方はおられますでしょうか?

ずいぶん前ですが、私はウソをつかれたことがあります。

仕事の取引先で、レストラン経営をされている女性がいまして、

80代なのですが、見た目は20歳ぐらい若く見える
元気な方でしたね。

仕事でのお付き合いと、あと個人的にパソコンのレッスンで
たまにご自宅に伺っていました。

あるとき、ご自宅に伺ったときに、

「私はもう、引退して海外に行くから、お店を全て
倉橋くんに譲る」

と言われまして・・・

もうね、青天の霹靂ってやつですよ。

いきなりレストラン(しかも老舗)を譲ると言われても、
飲食店なんてやったことないし、

でも、なんか面白そうだし、

・・・どうしたものか?と。

これも何かの縁だし、引き受けようかなぁ・・・なんて
考えながら、自宅に帰った直後に電話がありまして、

「あれ、冗談だから。今日はエイプリルフールなのよ。ホホホ」

というネタ晴らしがありました(涙)。

後日お詫びということで、レストランで食事をごちそうしてもらったので、
まあ、悪い気はしなかったですけどね。

先日、脳外科のお医者さんから伺ったのですが、

人間の脳が活発に動く時って、

「ウソをついているとき」と

「何かを教えているとき」だそうですね。

だから上述の女性は、ずっと若々しいのか・・・

と妙に納得してしまいました(笑)。

ウソをつくときも、教えているときも、

共通しているのが

「相手にわかってもらおう」

という心理が働くことです。

自分ではわかっているつもりでも、人に説明する時になると、
しどろもどろになってしまうことってありますよね。

自分が理解するだけであれば、たいしてアタマを使いませんが、

この人なら、どう納得してくれるか

・・・となるとアタマがフル回転するわけです。

これをお読みのあなたは、
どんな時にアタマがフル回転しますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「どんな時にアタマをよく使いますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。