コラム

2015年3月22日 08:56

コミュニケーション

やさしさとは

今日の言葉 #2588

「後から気付いたやさしさはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

そのときはイヤでしょうがなかったけれど、

あとから振返ると「あれはやさしさだったのかな?」
なんて思うことってありますよね。

そんな「後から気付いたやさしさ」の経験はありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、クラス会でみなさんと飲んだり食べたり
していたときのことです。

ある女性が、

「先日、元彼に振られました・・・」

という話をし始めまして、

・・・それはかわいそうに、まあ飲め飲めと、

周りの人は元気づけをしてあげようとしたのですが(<おいおい!)、

本人いわく、気持ちの部分ではすっかり吹っ切れているとのこと。

別れを切り出されるまで大好きな人で、

「別れよう」

と言われた時も、信じられなくて、絶望感のどん底に
いたそうであります。

しかしながら、別れ話をするなかで、

「いかにおまえは女としてダメなのか。」

という話をとうとうとされてしまい、

(人に偉そうなことを言えるほど、たいした男じゃないのになぁ)

なんて内心思ってしまい、一気に気持ちが冷めたそうであります。

なので、失恋の痛みのようなものは、
ほとんどなかったそうであります。

むしろ、そんなつまらないことを言う男と
別れることが出来てよかったなと。

私が、その話を聞いていて「面白いな」と思ったのが、

彼女がこんなことを言っていたからです。

「あれは、もしかしたら彼なりのやさしさだったのかもしれない。」

もし別れる時まで、ずっと紳士的な彼だったら、
ずっと失恋を引きずっていたかもしれない。

彼に悪口を言われたおかげで、あっさりと気持ちを
振り切ることが出来た。

・・・あれは彼なりのやさしさだったのかな、と。

「元彼とよりを戻したいとは思わないけれど、

そう思うと、いい人とつきあっていたんだなと
自分の過去を肯定できるようになりました。」とのこと。

まあ、男女関係に限らずですが、

当時は、嫌がらせのようにしか思えなかったけれど、後から思うと
「あれはやさしさだったのかな?」と感じることってありますよね。

先輩や上司からのシゴキだったり、
両親からの厳しいしつけだったり・・・

「自分はたとえ好かれなかったとしても、
相手に良くなって欲しい」

と思って接してくれてくれていたのだな、と
ずいぶん時間が経ってから気づくことってありますよね。

これまで「後から気付いたやさしさ」はありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「後から気付いたやさしさはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。