コラム

2015年3月5日 09:09

コミュニケーション

身近な人に届ける言葉

今日の言葉 #2571

「身近な人にどんな言葉を届けていますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

おはようだったり、おやすみだったり、

いただきますだったり、ごちそうさまだったり、

いってきますだったり、いってらっしゃいだったり、

ただいまだったり、おかえりだったり、

・・・身近な人と、普段どんな言葉のキャッチボールをしていますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、お会いした女性から

「久々に大ごとになった夫婦ゲンカの話」

を伺いまして、

結果的に今は仲直りしたそうですが、

一時は、その彼女が子どもを連れて家を出て、
しばらく実家に帰っていたそうです。

見た目が温厚そうな方なので、そんな大ゲンカを
するようには見えなかったのですが、

何がケンカの理由になったのかと聞いてみたところ・・・

晩ご飯のメニューに何を作ろうか悩んでいた時、夫に

「今夜、何が食べたい?」と聞いたところ

「おいしいもの!」と言われたそうであります。

それにカチンと来て、夫婦ゲンカに発展してしまったとのこと。

まあ、それを言われれば、誰でも腹の一つも
立つだろうなと思いました。

よく見かける光景ですが、

居酒屋などで酔っぱらったオジサンが
若い店員さんをつかまえて、

「何かおいしいもの持ってきて!」

と言うのと同じですな。

居酒屋の店員さんでしたら内心で

「ああ、まためんどくさいのが来たな・・・」

と思いつつ笑顔で「今日のおすすめはいかがですか?」と
答えれば済む話でありますが(笑)、

それを家庭でやられたら、
言われた方はキツイだろうなと思いました。

ご主人としては、もちろん悪気はなかったのでしょう。

「何でもいいよ」と答える代わりに、
つい軽口として「おいしいもの!」と言ったのでしょう。

あるいは「いつもおいしいものを作ってくれているから、
何でもいいよ」という意味だったのかもしれません。

・・・私の勝手な解釈でありますが(汗)。

しかしながら、毎晩のメニューを考えて、
どうしたらいいのかわからないから相談しているのに

「おいしいもの」

と言われてしまったら、

あとは察して知るべしであります。

諸兄のみなさん、気をつけましょう。

・・・私も気をつけます^^;。

普段、仕事の関係などでは絶対に言わないようなことでも、

つい家族だったり、身近な関係だとポロッと言って
しまうことってありませんか?

身近な関係の方が、自分にとって大切な人のはずなのに、

なぜか、ぞんざいに扱ってしまったり、
わかりやすい言葉の地雷を投げつけてしまったり、

そしていつの間にか、疎遠やギクシャクした関係になってしまったり、

・・・そんな経験はないでしょうか?

身近にいる、大切な人にほど、
大事な言葉で接したいものであります。

身近な人といつも緊張して話す必要もありませんが、

たまには、自分の発している言葉に意識を向けてみるのも
いいかもしれませんね。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「身近な人にどんな言葉を届けていますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?