コラム

2016年4月1日 07:18

コミュニケーション

もっともらしい話

今日の言葉 #2964

「もっともらしい話を聞いたことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

いかにもありそうで、理屈が通っていそうなことを
「もっともらしい(尤もらしい)」と言ったりします。

これまで、どんな「もっともらしい話」を
聞いたことがありますか?

それを信じる人と、そうでない人の違いは、
どんなところにあるのでしょう。

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

「おべんとうばこのうた」をご存知でしょうか?

♪これっくらいの、おべんとばこに・・・

で始まる童謡であります。

あの「振り付け」をしながら歌える方も多いかもしれないですね。

2年か、3年ほど前のことだと思うのですが、

この後に続く歌詞が、

おにぎり、おにぎり、ちょいっとつめて・・・

ではなく、

おにぎりを握り、ちょいっとつめて・・・

が正しい歌詞である。

という話題をネットで見かけたことがありました。

確か大手のニュースサイトなどでも、取り上げられてて、
ツイッターなどでも見かけましたね。

「子どもの頃は、全然気がつかなかった!」

「うちの子も歌っているのに、親子で知らなかった!」

・・・という驚きの声もあれば、

「知らなかったの?これが当然だと思っていた。」

「何を今さら言っているの?当り前じゃない」

・・・という既に知っていたという人のコメントもありました。

それから一週間ほど経ちまして、今度は

「おにぎりを握り、ちょいっとつめて・・・

が正しい歌詞である。」というのは、デマ。

という話題を見かけるようになりました。

この歌詞を作った作詞家の香山美子さんが
公式に否定をしたとのこと。

正しくは、

おにぎり、おにぎり、ちょいっとつめて・・・

なのだそうです。

「知らなかったの?」と言っていた人たちは、
いったい何なんだ・・・という感じですが(笑)。

実は私も「おにぎりを握り」だという話を知ったときには
衝撃を受けまして、

あやうく誰かに話をしてしまうところでした。

ヘタをすると、この天才のヒントに「本当は・・・」なんて
ことを書いていたかもしれませんね。

・・・あまり偉そうなことは言えないですな^^;。

もしかしたらデマだということは知らずに、数年たった今でも
「おにぎりを握り」だと信じている人もいるかもしれません。

「もっともらしいウソ」というのは、真実よりも
早く広がることがあるわけです。

さてさて、今日は4月1日、エイプリルフールであります。

これをお読みのあなたは、

「もっともらしい話」

を信じてしまったり、だまされた経験はありますか?

害のない話であれば、それはそれでいいのですが、

人生を狂わすような話も、もっともらしく転がっていることもあります。

同じ話でも、それを信じてしまう人と、
そうでない人の違いは、どこにあるのでしょうか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「もっともらしい話を聞いたことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。