コラム

2016年3月30日 07:34

基礎力をつける

気付かなかったこと

今日の言葉 #2962

「失敗だと気付かなかったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

何かをやらかしてしまって、周りの人は失敗だと気付いているのに
「当の本人だけは気付いていないこと」ってありますよね。

失敗を、失敗だと気付かなかった経験はありますか?

それが失敗だと、いつ気が付きましたか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

ここ数日、家族で実家に滞在しております。

私としては、実家にいるときぐらいは、
いわゆる「おふくろの味」を堪能したいと思うのですが、

うちの両親は、せっかく来たのだから
みんなで外食しようと言いまして・・・

うちの子どもたち(両親からすれば孫たち)に、
どこに行きたいのか聞いたところ、

即答で「回転寿司!」とのこと。

寿司が食べたい・・・というよりも、
あのくるくる回っているのを見るのが好きみたいですね。

どこのお店がいいのか聞いたところ、
うーん、としばらく考えた挙げ句、

6歳の息子が、

「くま寿司に行きたい!」

と言い出しまして・・・

・・・それは、くら寿司のことなのか、それとも
はま寿司のことなのか・・・

本人もよく分かっていないようで、
結局、未だにどちらなのか分からないのですが、

とりあえず、今夜は回転寿司になりそうです^^。

子どもたちと一緒にいて思うのが、

彼らは「うろ覚え」の言葉がたくさんある
ということですね。

昨夜も「パパ、モヤシをとってきたよ」と
娘に言われまして、

はて、うちの畑でモヤシを育ててたかな?

なんて思ったのですが、

それを聞いた息子が

「ちがうよ、モヤシじゃなくて、コケシだよ」

と言い出しまして、

この2人は、一体何をとってきたのだろう?

と思っていたら、

夕食の食卓に、うちの母が炊いた「ツクシ(土筆)」の
おひたしが出てきました・・・

・・・とりあえず「コケシのおひたし」じゃなくて
良かったです(汗)

どこまでが本気で、どこまでがおふざけなのか、
よく分からないこともありますが、

まあ、ホントに「言い間違い」が多いですね。

実は、そういう姿を見て、うらやましいなぁと
思うことがありまして・・・

私の場合、友達との会話などでも、何か言おうとしたとき
「間違ってはいけない」という意識が働いてしまい、

アタマの中で少し反芻して、練習してから言おうとして、

さて言うぞ!と思ったときには、
会話が流れて、別の話題になっていて、

結局、アタマで用意した言葉の出番が無くて、
ずっとモンモンとしている・・・

なんてことが、ちょくちょくありますから。

・・・そんな経験ありませんか?
(私だけかな?)

こんな私でも、子ども頃は言い間違いなんて
気にせずになんでも喋る時期があって、

おそらく思春期の頃に、言い間違いを
気にするような時期があって、

アタマの中で反芻するクセがついてしまったのかな
なんて思ったりもします。

何かを始めるとき、

「失敗を、失敗だと気付かない時期」

がありますよね。

後から振り返れば

「よくあんなことしてしまったな」

とか

「周りの人はよく許してくれたな」

とか、当時の自分を振り返ると冷や汗が出てきたり、
赤面するようなこともあるわけですが、

その当時は、それに気付かないこともあるわけです。

そのうち、失敗を失敗だとわかるようになり、
そういった行為は慎むようになるわけです。

確かに経験や年数を重ねると、失敗は少なくなるわけですが、

学びや成長のスピードが一番早いのは、

「失敗を、失敗だと気付かない時期」

ではないでしょうか。

もうすぐ4月、ということで

新しいことを始められる方、
新しい環境に移る方も多いと思います。

おそらく最初は

「何が失敗なのかもよく分からない状態」

だと思います。

「失敗するのが怖いから、とりあえずじっとして、
おとなしくしておこう・・・」

という人と、

「やれることは、いろいろやってみよう!」

という人だと、

学びや成長が一番早い時期ですので、たった数ヶ月でも
大きな差がついてしまうでしょう。

そして、そこで「やらかして」しまった失敗は、
必ずその後に、貴重な財産となるでしょうね。

これをお読みのあなたは

「失敗を、失敗だと気付かない時期」

はありましたか?

その時期に、どんな失敗をしてしまいましたか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「失敗だと気付かなかったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。