コラム

2016年3月7日 07:38

天才への第一歩

何とかしたいこと

今日の言葉 #2939

「何とかしたいことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

何とかしたい・・・でも、何とも出来ずに困っている。

そんな経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

一方で、過去に「何とかしたい」と強く思っていたけれど、
今はなんとかなっていることはありませんか?

どうして、それを何とかすることができたのでしょう。

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、同業者・・・つまり講師をしている人たちと
ごはんに行くことになりまして、

6人いたのですが、教えている分野は、さまざまで、

ビジネスマナー、金融、アロマセラピー、筆文字・・・

・・・6人6様でした。

集まるたびに、そのうちの1人の話をじっくり聞くのが慣例でして、
その日の担当は、美容の講座を開催している女性でした。

顔のマッサージ方法、化粧品の使い方、食事や睡眠など
「女性の美しさ」について伝えておられるとのこと。

女性の年齢について話をするのは、どうかと思いますが、
肌がキレイで、実年齢よりも10歳以上は若く見える方です。

そんな彼女が、自分の講師暦について話を始めたとき、
開口一番に言ったのが

「私がラッキーだったのが、ブサイクだったことです」

という言葉でした。

ブサイク・・・という言葉は意外でしたね。

ファッション雑誌に出てくるモデルさんのような、
すらっとした「美人」ではないですが、

とてもチャーミングで、彼女のことを「ブサイク」と
言う人はまずいないでしょう。

ちょっとした謙遜なのかな・・・と思って
聞き続けていたところ、

彼女いわく、

「15年前の私は、本当にひどかった」

とのこと。

肌が荒れ放題で、毎朝お化粧を塗りたくって家を出ても
昼ぐらいには化粧が崩れて粉を吹いている状態で、

さらに何度も塗り重ねるので、夕方にはオバケのような
顔になっていたそうです。

お化粧をしていてもヒドイし、すっぴんでもヒドイ、

でも社会人だから、とりあえず化粧をしていたとのこと。

当時のあだ名が「マイケル」だったそうです。

スポーツ新聞などに出ていた、美容整形に失敗した色白の
マイケルジャクソンの様な顔をしていたのが、その理由とのこと。

もちろん本人に直接言われていたわけではなく、
陰口で言われていたそうです。

男性とも縁がなく、鬱々として暗い日々を送っていたとのこと。

そんなある日、旧友から

「せめて、お化粧の仕方ぐらい習ってきたら?」

と勧められて、ある美容セミナーに通うようになったそうです。

お化粧の仕方をちょっと変えただけで、
見た目がずいぶんと変化して

まるで魔法をかけられたような体験だったとのこと。

自分の見た目がどんどん変わっていくのが面白くて、

お化粧について勉強するようになったり、

顔のマッサージを習うようになったり、

食事や睡眠に気を付けるようになったり、

・・・自分でもわかるぐらい見た目が変化したそうです。

あとわかりやすかったのが、社内や取引先の男性から
食事に誘われることが増えたとのこと(笑)。

そして、社内の女性からどうしてそんなに変わったのか聞かれて、

周りにいろいろ教えているうちに、社外の人にも教えるようになって、

はじめは、タダでやっていたのが、有料で教えるようになり、

いつの間にか講師業をやるようになっていたそうです。

「並の顔だったら、この仕事をすることはありませんでした。

ブサイクだったから、今の仕事を見つけることができたのです。

生まれつきの美人だったら説得力がないけれど、
自分に変化があったから、自信をもって伝えられます」

と言われていたのが印象的でした。

確かに講師業をやっていて長続きしている人は、

「もともとうまくいっていた人」

というのは、少ないように思いますね。

私自身もそうですが、どうしようもなくダメなことがあって、

でも「何とかしたい」という想いが強かったからこそ、

試行錯誤して、それを何とかしてきて、

その過程で、うまくいったり、失敗しながら学んできたことを
いつの間にか「伝える」立場になっている、

・・・という方が多いですね。

自分が、その分野でダメだった頃は、人にそれを教えるなんて
想像できませんでした。

普通の人に比べて、むしろ劣等生でしたから。

しかし、過去に劣等生だったからこそ、
今の劣等生の気持ちもわかりますし、

過去の自分のように苦労している人ほど何とかしてあげたい!

という気持ちが湧いてくるわけです。

これをお読みのあなたは

「何とかしたい」

と強く思うことはありますか?

今は目の前のことに精一杯で、どうしようもなく
自分がダメに見えることもあるかもしれませんが、

その問題から逃げず、誠心誠意に取組んでいけば、

もしかしたら数年後には、その解決法を伝える立場に
なっているかもしれませんね。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「何とかしたいことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?