コラム

2016年3月4日 07:43

コミュニケーション

伝え方を迷う

今日の言葉 #2936

「伝え方を迷ったことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

相手にこれを伝えたいのだけれど、

どんな言葉を使って、どんなタイミングで言おうか

あれこれ悩んだ経験はありませんか。

そもそも言うべきなのか?ということも悩んだりして・・・

これまで、伝え方を迷ったことはありますか?

その時は、どうやって解決しましたか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

先日、あるコミュニケーションの勉強会で

「クリエイターと仕事をするのはめんどくさい」

という話題で盛り上がりまして、

例えば、ホームページ製作をする人だったり、
イラストを描く人だったり、文章を書く人だったり、

私のような講師業をしている人間も、
その「めんどくさい」の中に含まれるかもしれません。

どういうことかというと、

例えば、業者にホームページ製作を依頼したとして、

相手が期限を守って、期待に応えてくれるものを
納めてくれれば問題ないのですが、

問題は、納期が遅れたり、期待や要望に応えて
くれなかった場合でして、

クレームを入れて何とかしたいけれど、

文句を言うと、相手のモチベーションを
下げてしまって、品質が落ちてしまうのではないか、

・・・というジレンマにはまってしまうわけです。

これが規格通りの商品を納入してもらう話であれば、

クレームを入れて、規格に合わせてもらえればいいわけですが、

そうでない場合、商談が成立した段階ではまだ
「できあがり」が見えていない状態で、

相手の才能やセンスに「できあがり」が
左右される場合もよくあるわけです。

納期が遅れたり、こちらの期待に応えてくれなかった場合は

「次から頼まない」

という選択肢はあっても、今お願いしている仕事を
何とかしてもらわなくてはいけないこともあります。

クレームを入れて、相手のモチベーションが下がって、
仕上がりの質を落とされたらどうしよう?

できれば高いのモチベーションで、
最高の仕上がりにして欲しいし、

でも、言うべき所は、言っておきたいし・・・・

そんなことで悩んだ経験はありませんか?

その話題に参加していた、
ホームページ製作会社のデザイナーがいまして、

「私は、その両方の立場で仕事をしています」

と言っていました。

彼は、クライアントから依頼を受ける立場であり、

そして、ホームページに使う画像などをイラストレーター
に発注する立場でもあります。

彼がこんな話をしてくれました。

まず、受ける立場だろうが、発注する立場だろうが、
言うべきことは、キチンと言わなくてはいけない。

ただ、それを言うときに、相手の落ち度を指摘するような
言い方をすると、モチベーションを下げてしまう恐れがある。

正直、それをされ続けると

「とりあえず、言われた最低限のことだけやればいいか」

という気持ちになってしまうこともある。

一方で、なぜそのようなことを言うのか、背景にある
理由や想いをキチンと伝えてくれる人には、

「よし、いっちょ一肌脱ぐか!」

とモチベーションがグッとあがることが多い。

たとえば、期待にそぐわない絵を出してきた
イラストレーターに要望を言いたいとき、

「なんで、この絵はこんな暗いの?」

という指摘をすると、モチベーションを下げますが、

「これを見た人に、楽しい気持ちになって欲しいから、
もっと明るい絵にできるかな?」

という言い方にすると、相手は頑張ってくれることが多い。

・・・とのこと。

「まあ、それでも機嫌を損なってしまう人もいるので、
むずかしいところですが・・・」

とも言ってました(笑)。

ともあれ、大切なことは、

期待通りの納品がなかった場合、
どうしても「カチン」と来ることがあるわけです。

なぜかというと、納品されたそのものよりも

「私の要望が軽く扱われている」

ということに対して、腹が立つのではないでしょうか?

その腹立たしさを、そのままぶつけると、
相手のモチベーションを下げてしまいます。

そんな時は、ぜひ「一息ついて」
自分を落着かせてから、

要望の背景や理由を相手に伝えてみては
いかがでしょう?

効果的な「一息」の付き方については、
ぜひ、こちらをご覧になって下さい。

http://www.mybreath.jp/book001

・・・なんて、しれっと本の宣伝も入れたりして(<おいおい!)

それはさておき、

これをお読みのあなたは、伝え方を迷ったことはありますか?

なぜそれを迷いましたか?

その時は、どうやって解決しましたか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「伝え方を迷ったことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?