コラム

2016年2月15日 07:44

視点を変える

影響を与える

今日の言葉 #2918

「社会に影響を与えていることはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

日本中を巻き込む一大ムーブメントを起こしたり・・・

・・・というような大げさなことでなくても、

日常の小さな行為でも、社会に影響を与えることって
ありますよね。

たとえば、その人のクチグセや立ち居振舞だったり、
仕事や育児だったり、趣味で取組んでいることだったり、

普段のどんな行動が、社会に影響を与えているでしょうか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

大学に通っていた頃、卒業論文というものがありまして、

経済学部だった私が選んだ卒論のテーマは
「経済波及効果」というものでした。

新聞などを開くと「オリンピックの経済効果は○兆円」という
見出しを見かけますが、

この金額を算出する方法が、卒論のテーマだったわけです。

例えば、100円を使ってコンビニでガムを買うとすると、

コンビニだけではなく、さまざまな関係者が
その経済効果の恩恵を受けることになります。

ガムを作ったメーカー、それを運んだ運送業者、包装紙の会社、
工場を造った建築会社、それらの社員を運ぶ鉄道会社・・・etc

たった1つのガムでも、書き出したらキリがないほどに、
そこに関わる人が存在します。

そして、卒論で研究をして知ったのですが・・・

100円のガムを1つ買うことは、
100円以上の経済波及効果をもたらします。

高校時代の数学で習ったような
ややこしい計算式をつかって、算出をするのですが、

私が研究していたある商品は、その金額の「約1.7倍」の
波及効果があることがわかりました。

その商品を100円で買うと、170円分の波及効果が生まれます。

たとえば、生活費などで毎月10万円を使う人は、
10万円以上の影響を世間に与えているわけです。

良きお金の使い方をすれば、それだけの良き影響力を生み出しますし、

悪い使い方をすれば、それだけ悪い影響を世間に与えます。

お金というものは「世間をめぐっている」ものですから、

自分がお金を払うという行為は、
単に1対1の売買の関係だけでなく、

必然的にいろんな人の生活や行動に関わってくるわけです。

社会や自然を豊かにするようなお金の使い方をすれば、
めぐりめぐって、使ったお金以上の恩恵が得られますし、

それを損なうようなお金の使い方をすると、
めぐりめぐって、使ったお金以上の損失を被ります。

これをお読みのあなたは、今日はどんなお金の使い方をしますか?

それは、社会にどんな影響を与えるでしょうか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「社会に影響を与えていることはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。