コラム

2016年1月31日 07:52

コミュニケーション

謙遜されてしまう

今日の言葉 #2903

「謙遜されたことありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

誰もが、それについてはスゴイと認めているのに、

「スゴイですね!」と言うと

「いやいや、まだまだです」と返されたり、

アワアワと照れ焦りをされてしまったり・・・

相手に謙遜をされてしまったことはありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

人の本音を引き出す・・・というのは、なかなか難しいものでして

特に「褒め言葉に弱い」という人がいますよね。

「○○さんは、なんでそんなに上手いのですか?」

なんて褒め言葉を絡めて質問をすると

「いやいや私なんて」とか

「みなさんのおかげです」とか

上手くはぐらかされてしまうことがあります。

そこで「そうでしょう、えっへん!」と胸を張られても、
なんとなくカチンとくることもありますが(笑)、

そこまで謙遜しなくていいのに・・・というぐらい謙遜されたり、

すごい理由を聞きたいのに、それに答えてもらえなかったり、

ということがあります。

ご紹介などで、前から会いたかった人に会わせてもらったり、
インタビューなどに伺ったり、

「初対面の相手で、しかも小一時間ほどしか話すチャンスがない。」

というような場面があります。

もう二度と得られないかもしれない、貴重な時間に
いかに多くの本音を、その人から引き出すのか?

これまで、いろいろと試行錯誤してきました。

その中でやりがちだった失敗が

「○○さんは、なんでそんなに上手いのですか?」

という質問でした。

相手に謙遜されてしまい、本音が出てこないのです。

そこで、こんな質問に切り替えてみました。

「○○さんのように上手くいく人と、
同じようにやってきたけど、上手くいかない人の
違いを教えてください」

質問の意図は、ほぼ同じですが

「違いを教えてください」

という聞き方にすると、意図に沿った答えを引き出しやすくなります。

さらに、その答えを聞いた後に、

「その違いに気付いた、きっかけを教えてください」

という質問をすると、

「実は、むかし自分の力不足で、つらい出来事があって・・・」

というような、その人の人生のターニングポイントや、
キャリアを築く原体験を聞くことができたりします。

ここまで相手の話を引き出せると、

初対面の人でも「腹を割って話してもらえる関係」が
できたりします。

相手が謙遜して、なかなか本音が引き出せない・・・

というとき、よかったら試してみてください。

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「謙遜されたことありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?