コラム

2015年12月12日 08:29

天才への第一歩

プライドが邪魔をする

今日の言葉 #2853

「プライドに邪魔をされたことがありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

やりたいと思っているけれど、

失敗したり、人目に付いたら恥ずかしい思いを
するんじゃないか・・・

と思って、なかなかできないことってありますよね。

これまでプライドが邪魔をして、
できなかったことはありますか?

あるいは、羞恥心を克服して
何かをやってみたことはありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

明日は、呼吸法の講師向けの講座を開催するのですが、

その準備をする中で、自分が講師として
まだかけだしだった頃の資料を読み返してみました。

その中に、こんなメモが入っていまして、

====

目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。

そのためなら警察に捕まってもいい。
寿命が縮まってもいい。

これをやったら次回出られなくなるんじゃないか、
なんて考えないようにしている。

人間いつ死ぬか分からないからその時の全てを出し切りたいんだ。

俺はいつ死ぬか分からないし、
見てくれてる人だっていつ死ぬか分からない。

視聴者が最後に見た江頭が
手抜きの江頭だったら申し訳ないだろ?

江頭2:50

====

お笑い芸人の江頭2:50さんの言葉です。

人前に立つときの気恥ずかしさだったり、

自分をさらけ出すことの抵抗感だったり、

かけだしの頃は、いろんな葛藤を抱えながら、
登壇をしていましたが、

そんな時は、いつもこの言葉がアタマに浮かんできました。

「受講者が最後に見た倉橋が、
手抜きの倉橋だったら申し訳ないだろ?」

今では、そのような葛藤を感じることも
ほとんど無くなりましたが、

それでも、たまにちっぽけなプライドとか羞恥心が
「出そう」とする自分を邪魔しようとすることがありますね。

こんなことを言ったら嫌われるかもとか、

バカにされたり、低く見られるんじゃないかとか、

それでも上記の言葉を思い出すと、

黒タイツの半裸で活躍されている江頭2:50さんに比べれば、
自分が恥ずかしいと思っていることなんて、ホント些細なことだな。

・・・なんて思いますね(笑)。

これをお読みの方の中には、

人前に立つ仕事をしていたり、
何かを執筆されている方も多いと思います。

「自分をどこまで出していいのか」

という葛藤を感じている方もいるのではないでしょうか?

あるいは気恥ずかしさや抵抗感で、自分のカラを
破れずに足踏みしている方もいるかもしれませんね。

もし明日、死ぬとしたら・・・

出し切っていない自分がいたら、
後悔すると思いませんか?

プライドを捨てるのはラクではありませんが、

プライドを捨てるとラクになります。

よかったら一歩踏み出してみませんか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「プライドに邪魔をされたことがありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?