コラム

2015年12月1日 07:39

視点を変える

書き間違える

今日の言葉 #2842

「書き間違えたことはありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

最近ではペンで何かを書く・・・ということが
減ってきたという方も多いと思いますが、

書いていると、言葉や文字を書き間違えて
しまうことってありますよね。

最近、どんな「書き間違い」をしたことがありますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

つい先週の話なのですが、
近所の文房具屋さんへ、赤のボールペンを買いに行きました。

呼吸法の本が、来年の1月7日に発売が決まりまして、

原稿の最終チェックを行なっています。

出版社の編集さんから

「ゲラを送りますので、手書きで修正して
送り返してください」

という依頼をいただきました。

ページ数や目次などが入った、ほぼ本に近い体裁の
「ゲラ」と呼ばれる原稿が送られてきまして、

それを確認しながら訂正が必要な所に
朱字を入れて欲しいとのこと。

事務所にも赤ペンはあったのですが、

わざわざ文房具屋さんに行って、フリクションボールペン
を買ってきました。

ご存じの方も多いと思いますが、
フリクションは、消せるボールペンです。

キャップの所のゴムでこすると、熱でインクが無色になります。

書き間違えたら、消して訂正できるわけです。

というわけで、ここ数日、自分の原稿とにらめっこしながら
赤ペンで書いては消し、書いては消しを繰り返しています。

・・・締切りが明日なので、何とか仕上げないと(汗)

それはさておき、

マインドマップの講座でも、よくカラーペンを使いますが、

「フリクションを使っていいですか?」

という質問をいただきます。

どんなペンでも、自分の使いやすいペンを使ったらいいと
思いますが、

フリクションだけはNGとお伝えしています。

(メーカーの方、ごめんなさい)

なぜかというと、消せるからです。

書き間違えたところを消せるとなると、

書いて消して、書いて消して・・・で思考が
なかなか前に進まないこともありますし、

書き間違えたところに、大きなヒントがあったり
その違和感が、深く記憶に残ったり、

あと、消すことができると「思考の足跡」まで
消してしまうことがあります。

何かを考える時、考えた結論も大事ですが、

その結論に至るまでに辿った道筋や
足跡にも大きな価値がありますからね。

自分が手書きで残した日記やマインドマップを
見返してみると、書き間違えたところはとても
記憶に残っています。

その時の情景とか、思いだったり、気分なども
思い出すきっかけになることがあります。

手書き、あるいは手描きをするとき、

自分のために残す場合と、

誰かに見せたり提出するための場合、

おおざっぱに分けて2つの「目的」あると思います。

誰かに見せる場合は、相手にとって見やすいことが
求められますので、フリクションを使うのはアリだと思います。

書き損じとかあったら見づらくなりますからね。

ただし契約書などは、消せるとマズイのでNGですが・・・。

一方で、誰に見せるわけでもなく、自分のために残すのであれば
「消せない」ボールペンや万年筆を使ってみてはいかがでしょう。

書き間違えると、少しイラッとすることもありますが、

その感情の起伏や違和感が、新しいアイデアを生み出したり、
深く記憶に残ったりします。

学校教育の現場ではNGかもしれませんが、

大人になって、自分のために残すものであれば、
書き間違いぐらいあってもいいじゃないですか。

・・・それぐらい自分を許してあげましょうよ(笑)。

日常生活や人生でも、ちょっとした間違いや、
大きな失敗をしてしまうことがありますよね。

ああ、時間を巻き戻して取り消せればなぁ・・・

なんて思いますが、そうもいかないわけです。

しかし、しばらく時間がたって振返ってみると、

その失敗のおかげで学びがあったり、
当時のことをよく思い出せるのではないでしょうか。

自分の間違いを受け入れられるようになると、
他人の間違いも受け入れやすくなる・・・かもしれないですね。

これをお読みのあなたは、書き間違えたことがありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「書き間違えたことはありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?