コラム

2015年11月18日 08:09

天才の生活習慣

境界線がある

今日の言葉 #2829

「自分なりの境界線はありますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

例えば、彼氏や彼女には出来ない話だけど、
友達には出来る話の境界線があったり、

家族なら許せるけど、それ以外の人からされると
許せないことがあったり、

自分なりの「境界線」はありますか?

なぜその境界線はできたのでしょう?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

今日の話は、お読みのみなさんに「ドン引き」されたら
どうしよう・・・とドキドキしながら書いていきます(汗)

大学時代に丸坊主にしたことがありました。

キャンプ場の指導員として山に1ヶ月ぐらい籠っていたので、
髪の毛を洗うのがメンドウだなと。

いっそ剃ってしまえ、ということで、
みんなで断髪式(?)をしてもらいました。

まあ、スッキリして我ながらいい感じでしたね。

日光に当るとヒリヒリするのが難点ですが、
それ以外はとくに困ることはありませんでした。

当時、キャンプ場の少ない水を使ってカラダを
洗っていたのですが、

洗顔料のビオレで、頭部まで洗っていました。

顔と頭の境界線がイマイチよくわからなかったので(笑)。

(ビオレさんごめんなさい。)

それはさておき、

多くの人は、お風呂に入るときに

シャンプー、洗顔料、石けん(ボディーソープ)・・・etc

いろいろ使い分けをされていると思います。

時々、疑問に思うのですが、

例えば、ヒゲを伸ばしている人って、ヒゲの部分は
何を使って洗っているのでしょうか?

シャンプー?、それとも洗顔料?

すね毛がボーボー男子も、おそらくその部分は
石けんとかボディーソープで洗っていると思います。

まさかすね毛だからシャンプーを使って、よもや
リンスまでしている人はいないですよね(たぶん・・・)。

なぜ頭髪はシャンプーで、すね毛にはシャンプーを使わないのでしょうか。

シャンプーを使って頭部を洗うと時は、
髪の毛だけでなく、頭の皮膚の部分も洗いますよね。

頭の皮膚って、新陳代謝も多くて、
けっこうデリケートな所だと思います。

頭皮がシャンプーで洗えるならば、

全身の皮膚だって、シャンプーで洗えることに
なりませんか?(<おいおい!)

というわけで、少し前振りが長くなりましたが、

私自身ここ10年ぐらい、全身をシャンプーで洗っております。

・・・あ、引いちゃいましたか(笑)。

シャンプーで頭を洗うときに泡立てまして、
そのまま全身を泡まみれにして、シャワーで流します。

顔だけは、その後に洗顔料を使って洗うことがあります。

一日中運動したときとか、ものすごく汗をかいたときは、
石けんやボディーソープを使ってカラダをゴシゴシしますが、

普段はカラダはゴシゴシこすりません。

なんというか、皮膚を削る感覚があるんですよね。

その後にヒリヒリしたり、風邪をひきやすくなるような
気がしたりします。(私の個人の感想です)

体をこするザラザラのタオルを使う代わりに、
手を使って、シャンプーの泡で全身になでるようにしています。

おそらくその人の代謝量や、
皮膚の強さによって違うと思うのですが、

日本に住んでいるからといって、全ての人が、

「頭は必ずシャンプーで、体は必ず石けんで」

という風にしなくても、良いんじゃないかな?
なんて、勝手に思っております。

ここまで読んでいただいているあなたが、
ドン引きしていないかどうかが、不安なのですが、

・・・大丈夫でしょうか?(笑)

そういえば、ある雑誌で読んだのですが、

テレビによく出ているタモリさんは、
石けんなどを一切使わない入浴法をされているそうです。

見た感じでは、肌年齢はものすごく若そうであります。

ちなみに、自分の子どもたちには・・・

頭はシャンプーで、体は石けんを使わせています。

体もゴシゴシ洗っています。

彼らは代謝が良いですし、一日中どろんこになるまで遊んでいるので。

シャンプーと石けんの使い分けや境界線だけでなく、

世の中には、いろんな使い分けや境界線があると思います。

特別な食器を出すときと、出さないときとか、

家族と家族じゃない人の境界線とか
(どこまでが家族なのでしょう?)

自分なりの「境界線」や「使い分け」のルールはありますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「自分なりの境界線はありますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    マインドマップ講座

    最近NHKや新聞・雑誌など多くのメディアでも取り上げられて話題のマインドマップを学びませんか?

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストが開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?