コラム

2015年11月17日 08:00

コミュニケーション

見守られる

今日の言葉 #2828

「見守ってくれている人はいますか?」

>>> 今日中に、この言葉を誰かに言ってみよう。

上手くいっているかどうか見てくれたり、

時々手助けをしてくれたり、

自分が取組んでいることを見守ってくれて
いる人はいますか?

いつからその人に見守られていますか?

—————
◆竜’s 編集後記◆
—————

今日もありがとうございます。倉橋竜哉です。

高校時代、柔道部に所属をしておりまして、
試合があるたびに「減量」をしていました。

体重別の試合でして、一つ下の階級で出るために、
いつも3~5Kgの減量をしていましたね。

試合のエントリーは先に済ませています。

もし当日の計量で体重がオーバーすると、
「失格」になってしまうわけです。

試合のために練習を積んでいたので、少なくても

「減量が出来なくて試合に出られませんでした」

という事態は避けたいところです。

もしそんなことになったら、自分が悔しいのも事実ですが
監督やチームメイトから、なんと言われることやら。

運動しながら、モノが食べられないというのは
結構きつかった覚えがありますね。

減量には、無茶なことをするなと言いつつも
うちの母親も協力してくれました。

ある日、お弁当を持たされたとき、
やたら軽かったことがありました。

振ってみると、少しカサカサと音がします。

なんだろうな・・・と学校でお昼に開けてみたら、

弁当箱にめいっぱい煮干しと干し昆布だけが
詰められていたことがありました。

弁当箱の3分の2が煮干し、3分の1が昆布であります。

そりゃ軽いわけなだと。

これは、母なりの考え抜いたダイエットメニューなのか、

それとも、最近あまり家のゴハンを食べない自分への
イヤガラセなのか、

あるいは、単なる手抜きなのか、

・・・いろんなことが一瞬アタマに浮かんだのですが(笑)、

おそらく、いわゆる「母の愛情」なのだろうと解釈しまして、

周りの友達が、ソーセージやら、唐揚げやら、玉子焼きを食べる中で、

ひたすら煮干しと昆布をポリポリとかじりましたね。

そんな厳しい母の愛情もあり、試合前の計量には
毎回パスすることができました。

当時は自分の減量のことでアタマがいっぱいでしたが、

今思えばウェイトコントロールに関しては、
家族の協力なしには実現できなかったので、

今さらながら感謝!であります。

もし計量に失敗したら、全身の毛を剃って再チャレンジ
するつもりで、カミソリを持っていったのですが、

おかげさまで眉毛などを失わずに済みました^^。

スポーツに限らず、何かを成そうとして
ガムシャラに取組んでいるとき、

周りでそれを見守ってくれる人や、
助けてくれる人っていますよね。

でも、本人は目の前のことが精一杯になって
周りが見えなくなっていることも多いのではないでしょうか。

これをお読みのあなたの取り組みを、
周りで見守ってくれている人はいますか?

★まず私からあなたにこの言葉をお届けします

「見守ってくれている人はいますか?」

  • ブレスプレゼンター養成講座


    既に講師やインストラクターをされている方、
    あるいは自宅や職場、貸しサロンなどで講座を
    開催したいという方へ

    呼吸法の講師である「ブレスプレゼンター」の
    資格が取得できる講座があります。

    呼吸法をお仕事にしたい方へ
    >> ブレスプレゼンター養成講座

    ブレスプレゼントプログラム


    呼吸法を通じて、お金とのつきあい方を変えてみませんか?

    今まで以上に「お金を受け取れる体質」になることで収入がアップしたり、あきらめていたことにチャレンジできるようになるでしょう。

    一生つかえる「お金」と「呼吸」の習慣を学ぶ6ヶ月 通信講座
    >> ブレスプレゼントプログラム<お金の章>

  • アイネスト株式会社

    代表・倉橋竜哉

    今日から現場が変わるメソッドをお伝えします。企業や学校からはわかりやすく、スグ使えるとご好評いただいております。

    コラムを登録

    イベント・セミナーのご紹介

    現在アイネストや日本マイブレス協会が開催しているイベント・セミナーをご紹介しています。

    日本マイブレス協会

    呼吸とは、ココロとカラダのパイプ役です。「呼吸法」を通じて、「愛される豊かな人生」を育んでみませんか?

    天才のヒント(ブログ)

    連載3000回を越える「毎日読めて、毎日使える、生かせる」 大人の勉強・教養のためのヒント。